FC2ブログ

明細書作成は家づくりに似ている

私の会社では、知財部員が明細書を書くことはありません。
特許事務所に明細書作成を依頼しています。

知財部員として、私は納品された明細書をチェックするわけですが、ほぼそのまま出願できる場合もあれば、全書き直しというくらいに真っ赤に修正を入れることもあります。


レベルの低い明細書は、設計図がない状態で家を建てたようなもので、全体的にちぐはぐです。
致命的な欠陥を修正しようとすると、それが他の部分にもずるずると影響して、全部直さないといけなくなるのです。

家づくりでいうと、ゆがんだ柱を正そうとしたら、他の柱も、壁も、すべてやり直さないといけない感じです。


レベルの高い明細書は、土台がしっかりしているので、修正が生じたとしても他への影響が少ないです。
たとえば、「この用語は別の語に置き換えてほしい」、「この用語の定義をもう少し詳しく入れてほしい」、「係り受けがわかりづらいので簡潔にしてほしい」といった程度で、単純にその用語を置換したり、1文だけ追加や修正すればOKとなります。

家づくりでいうと、「トイレに棚を追加で設置して」とか「お風呂のドアは押し扉じゃなくて引き戸に変更して」という感じで、他に影響しないのです。


明細書の質の差は、弁理士の「構成力」によるところは大きいのですが、それだけではありません。

発明者(あるいは知財部)から、「どんな権利を取りたいか」のインプットがなされないと、力のある弁理士が書いた明細書でもイマイチになります。


家づくりでいうと、「トイレの壁はピンクがいい。2回の寝室には出窓が欲しい。キッチンは大理石で。リビングスルー階段がいい。」と伝えただけの場合、建築士はさぞ困ることと思います。

家の大きさ、デザインイメージ、家族構成やライフスタイル、といった基本情報があって初めて設計方針が決まります。
壁だの出窓だのは、設計図を作る上では重要度が低いのです。


明細書作成も同じで、どんな権利が欲しいのかを特許事務所にインプットしないと、いい明細書になりません。

権利の広さはどの程度か、外せないポイントはどこなのか、自社事業におけるその権利の位置づけや競合他社との関係は、といった内容が必要でしょう。
そのうえで、具体的に製品の構造や動作を説明すべきなのです。


・・・なので、質の低い明細書が納品されて来たら、執筆者のレベルにあきれたり腹を立てたりするのではなく、「インプットがまずかったのかなぁ」ということを、日々考えています。
スポンサーサイト

弁理士資格をどう活かすか

2018年度の弁理士試験に合格された方は、実務修習の真っ只中かと思います。
実務修習が終わると、4月には弁理士登録が可能になります。
特許事務所への就職を希望する人は、就職活動が活発になる時期ですね。

私の付き合いのある同期合格者(2017年合格、2018年弁理士登録)のうち、
合格した時点で企業の開発職、営業職だった人たちは、ほぼ全員、特許事務所に転職しています。
(企業の知財部だった人は、そのまま企業に残ることも多いです。私もその一人。)

私の知る範囲では、
40代以上で未経験の人でも、特許事務所への入所はスムーズだったようなので、やはり資格は強いですね。
待遇は知りませんが。

転職した人に、弁理士試験にチャレンジした目的を聞いてみると、
「転職のために何か資格が欲しいと思って、いろんな資格を検討して弁理士を選んだ」
とか、
「開発職で知財に触れる機会があり、弁理士さんの仕事にあこがれた」
と言う人が多いです。

一方、私は転職も希望していないし、誰かの発明を権利化する代理人としての弁理士に憧れもありませんでした。

では、なぜ弁理士試験に挑戦したのかというと、
「せっかく知財部にいるんだから、何か知財の資格でも取っておくか」
という軽い気持ちです。

そんなわけで、資格を手にしても、それまでと変わらず企業知財部でイチ担当者として仕事しているわけです。

が、やはり名刺に「弁理士」と書いてあると、自分の気持ちも、取引先事務所の対応も、これまでとは違ってきます。
また、取引のない事務所の弁理士との交流も増えるので、「実際のところ、事務所はどう考えてるの?」といった本音を聞きやすくなり、特許事務所との付き合い方のヒントになることも多いです。

そういう意味で、私は「弁理士資格」を、直接的に転職とか開業といった方法で役立ててはいませんが、
企業知財の仕事にも、弁理士であることはメリットがあるなぁと思っています。

知財翻訳検定(英→日) 2級受験の振り返り

第27回 知財翻訳検定 (2018年10月実施、英文和訳) に合格しました。

この検定は、以下の理由で、知財翻訳の学習にとても有益です。

・過去問、その模範解答と解説が、すべてウェブサイトに公開されているので、無料で勉強できる
・ウェブサイトで受験者全体向けへの評価コメントが公開されるが、内容が非常に丁寧
・受験者一人一人に対して、採点者のコメントが届き、ミスの傾向を指摘してもらえ、今後の勉強への指針が示される


たとえば、2級で出題されたクレーム和訳問題について、私は2名の採点者から、以下のアドバイスを受けました。

(採点者からの評価コメント)
・原文を良く咀嚼し、構成要素ごとの段落を設けて訳してある点は高く評価
・be configured to の意味は省略してはいけない(「~ようになった」)
・訳語が不適切なものがある (orientation, register with)
・全体として用語をしっかり調査して適切な訳語を当てれば、大変良くなるであろう
・細かい点に注意すれば1級にも手が届く。ぜひ挑戦を。

こうしたきめ細かいアドバイスがあると、モチベーションになります。

翻訳者がどんな点に注意して翻訳すべきかを学べるので、自分自身が翻訳者でなくても、翻訳者からの納品物をチェックするスキルが上がりそうです。
企業の知財部員としても、有効活用できる試験だと思います。

# もっとも、翻訳チェックは「日英翻訳」なので、和文英訳の検定も受けた方がいいかもしれません。

知財翻訳検定(英→日) 受験者数の推移

数日前、10月に実施された知的財産翻訳検定の合格発表がありました。

私は2級を受験し、無事合格。
しかし、「2級:受験者10名、合格者3名」というあまりの受験者の少なさに衝撃を受け、この試験の実施規模を調べてみたくなりました。

そこで、毎年10月に実施される「英日翻訳」検定について、級別の受験者と合格率を調べたのが、以下のグラフ。





・3級(入門者、初心者レベル)
知財翻訳検定_英日_3級統計
実施回によりばらつきはあるものの、
3級は、10数名が受験して5~8割が合格する、といったところでしょうか。


・2級(実務基本レベル)
知財翻訳検定_英日_2級統計
2級は、20名前後が受験して3~5割ほどが合格。


・1級(専門レベル)
知財翻訳検定_英日_1級統計
1級は、40数名が受験して、2割前後の合格率。




統計取ってみましたが、やはり受験者数は少ないです。

しかし、この試験の特筆すべきは、「最上級の1級がいちばん受験者数が多い」ということです。

一般的な試験は、入門レベルほど受験者が多く、上級に進むにつれて人数が減ってくるものです。
しかし、知財翻訳検定はその逆。

つまり、知財翻訳検定は、知財翻訳の専門家が多く受けており、入門・基本レベルの人はあまり受けていないということです。

私は翻訳者ではありませんが、3級、2級と続けて受験してみて、この試験の優れた点を実感しています。
(それについては、次の記事で紹介したいと思います。)

ぜひ多くの人に受験してもらい、この検定が存続するといいな、と思っています。

#何せ、こんなに受験者が少ないと、廃止されてしまわないか心配ですので・・・


第26回知財翻訳検定 合格発表

6/29に、4月に受験した知財翻訳検定の合格発表がありました。
http://www.nipta.org/

結果としては、3級合格です。
受験した時に手ごたえがあったので、まあ、うん。という感じでした。

秋には2級を受験してみようかな、と思います。

それにしても、1級~3級まで合わせて、受験者数95名。
うち、答案提出者が90名。

この試験、今後も続くんでしょうか。心配になってしまいます。

試験内容はなかなかすぐれていると思うんですけどね。
「知財翻訳」っていう試験名称が、対象者を限定しすぎなんでしょうね・・・

3級は翻訳者に限らず、外国出願を扱う人すべてが知っておくべき内容と思いますので、内外/外内案件を扱う特許事務所や、企業知財部の人も、ぜひ受験を検討してみてはどうでしょう。
プロフィール

izumi

Author:izumi
地方の企業知財部で働く新米弁理士です。
2017年に弁理士試験合格、2018年に弁理士登録。
弁理士試験のことや、知財ネタを書いていきたいと思います。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR