FC2ブログ

実務修習(集合研修)のコース選択

弁理士実務修習の集合研修は、「会場・日程」×「分野」で、受講生の希望に応じてコース分けされます。

会場・日程は、
平成29年度は、東京4日程(金曜、土曜、夜間、集中)、名古屋(土曜)、大阪(土曜)の6つから選べました。

分野は、
「機械・電気・化学」の3つから選べます。


つまり、6日程×3 = 18 のコースの中から希望を出すわけです。


さて。

ここで考えなくてはいけないのは、

「希望者が少ない場合、そのコースは開講されない可能性がある」ことです。


たとえば、平成29年の愛知県の合格者は13名。
隣県の岐阜、長野、静岡の合計が13名なので、名古屋エリアの合格者は26名と考えられます。

この26名が「機械10名、電気10名、化学6名」のように希望が割れた場合、名古屋は全コース開講されない・・・かもしれません。
最近は合格者が減少傾向なので、(居住地域が名古屋や大阪の場合は特に)開講されないコースがあるかも、と想定しつつ、希望を出す必要があります。


一案として、どうしても特定の会場・日程で受講したいなら、第3希望まで全部同じ会場・日程のコースを書いておくという方法が考えられます。

第1希望:名古屋土曜(機械)
第2希望:名古屋土曜(電気)
第3希望:名古屋土曜(化学)

のように。

こうすると、少なくとも「名古屋」の希望は通りそうです。(名古屋の全コースが開講されない場合はどうしようもないですが)

ただし、あまりにもなじみのない分野を希望に入れると、もしその希望が採用された場合に起案で苦しむことになると思うので、おススメしません。

機械は、図を見れば物がイメージできるので、基礎知識がなくてもとっつきやすいようです。
(実際、機械コースの人数が一番多いです。実務未経験者や文系出身者が機械を選んでいるのでは、と思います。)

というわけで、電気や化学を第一希望にする人は、第二希望以下に、同日程の「機械」を入れておくのは一つの方法かと思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

izumi

Author:izumi
地方の企業知財部で働く新米弁理士です。
2017年に弁理士試験合格、2018年に弁理士登録。
弁理士試験のことや、知財ネタを書いていきたいと思います。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR