弁理士試験の勉強に使用した文房具 (筆記用具編)

私が受験生時代を通して使用していた筆記用具は、

ぺんてる ノック式蛍光ペン (黄色)
uni JETSTREAM 3色ボールペン (赤、青、黒:0.5mm)

の2本です。これだけです。


両方ともノック式なので、使用時にキャップを外したりはめたりする手間もなく、便利でした。


使い分けマイルールは以下のとおりですが、ザックリいうと「黄=講師の指示、赤=重要、青=補足」です。

・蛍光ペン(黄マーカー)
予備校の先生の指示に従って、テキストの「暗記必須箇所」にマークする

・ボールペン赤
テキストや条文集の重要箇所に線を引いたり、重要事項をメモったりする

・ボールペン青
補足的事項をテキストや条文集にメモする

・ボールペン黒
論文試験の答案作成用


TACのK先生からは、テキストに「青マーカー、黄色マーカー」でマークする箇所をそれぞれ指示されましたが、私は先生が「青マーカー」と指示した箇所は、マイルールに従って赤のアンダーラインにしました。
文房具を増やしたくなかったので。

書き込みをしたテキストも条文集も、合格後にすべて処分してしまいましたが、
どんな感じだったか、写真くらいとっておけばよかったかな。

-----------

受験生の中には、条文を要件ごとに色分けするスタイルの方も多くいるようで、
試験会場では、大量のマーカーを持っている人をよく見かけました。

しかし、このやり方は私には向かないと思います。

どの色がどの要件に対応するかを覚えるのも大変そうだし、
情報の重みづけができそうにないし、
あとは、単純に、多数のマーカーを持ち替えるのがめんどくさそうだからです。

自分に合った筆記用具を見つけることは大事ですが、「どう使うか」も考えて取捨選択するとよいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

izumi

Author:izumi
地方の企業知財部で働く新米弁理士です。
2017年に弁理士試験合格、2018年に弁理士登録。
弁理士試験のことや、知財ネタを書いていきたいと思います。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR