知財パーソンの仕事服

知財パーソンの皆様、どんな服装で仕事をされているでしょうか。

特許事務所勤務の方は、
クライアントとの面談があればスーツ、それ以外の時はカジュアルだと聞いたことがあります。
個人事務所だと、部屋着レベルのラフな格好で仕事をしている方もいらっしゃることでしょう。


企業知財部の方はどうでしょう?

私の勤める会社では、社外の人と会うときは「スーツもしくはそれに準ずる服装」ということになっています。
「準ずる」は、きれい目のボトムスにジャケットを羽織るくらいでしょうか。
クールビズ期間中や女性社員にとっては、ありがたい規定です。

立場が上になるほど、スーツの日が増えます。
いつだれが来てもいいように、毎日スーツで備えているのかもしれません。

外部の人と会わない日には、オフィスカジュアルです。
ジーンズにスニーカーでもまったく問題ない社風ではありますが、知財部は社内の他部門と比べると、カジュアル度が低めで、ジーンズはあまり見かけません。


過去に開発部門にいた時は、もっとみんなラフな格好をしていました。
機材を運搬したり、工場に足を運んだりすることもあったので、効率面や安全面から、きれいな格好はなじまなかったのでしょう。
まあ、「周りがみんなカジュアルだから」というのが一番の理由かもしれませんが。

社外の人と会う時ですら、普段着で対応していました。
相手の会社も、製造や制作関係が多く、スーツではなく作業着やジャージで打ち合わせに来てました。

同じ会社でも、開発部と知財部とではだいぶ服装に対する意識が違うものですね。
開発部から知財部に異動になったときには、着るものがなくて結構困りました(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

izumi

Author:izumi
地方の企業知財部で働く新米弁理士です。
2017年に弁理士試験合格、2018年に弁理士登録。
弁理士試験のことや、知財ネタを書いていきたいと思います。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR