特許事務所からの売り込み

企業の知財部にいると、特許事務所からの営業(新規取引の売り込み)を受けることがあります。

何件かトライアルで明細書を書いてもらって、結果がよければ正式に取引開始ということもありますが、ほとんどの場合は、トライアルせずお断りです。

トライアルもせずにお断りする理由としては

①現時点で十分な数の特許事務所と取引しており、これ以上増やすつもりがない
②トライアルするまでもなく、スキル不十分と判断

があります。

そして、たいていは①です。

しかし、たまに②の場合もあります。

少し話をしたり、あるいはレターやメールを受け取った時点で、「あ、この人はダメだ」と思うことはあります。

たとえば、売り込みのレターが、明確でなく論理的でない、誤字脱字がある、という場合。
明細書の質も低そうだな、と思います。
他には、アピールポイントが「特許の仕事が大好きです!頑張ります!」みたいなやる気オンリーで、説得力がないというケースもありました。


逆に、お願いしてみようかな?という気になるのは、品質が高そうと期待できる経歴を持っている人です。

過去に、同業他社での開発経験のある弁理士さんに依頼したことがありますが、やはり発明理解がものすごく早かったので、開発の経験は大いにアピールすべきと思います。
できるだけ具体的に分野を教えていただけると、出願依頼する案件とのマッチングをしやすいです。
「何でもできます」と言われるよりも、好印象です。

また、海外案件が得意であることをアピールしたいのであれば、単にTOEICの点数を記載するだけでなく、どの国のどんな分野や業務の経験があるのか、具体的に説明してもらえると、こちらが抱えている課題を解決してくれそうかどうかの判断材料になります。

明細書作成の経験が豊富であるかどうかは、あまり重要ではありません。
「ウン百件の明細書作成の経験があります」とアピールされても、レベルの低い明細書をいくら大量生産しても無意味なので、そこは件数ではなく過去に出願された明細書の質で判断します。


私の考えとしては、知財一筋でキャリアを積んできた人よりも、開発なり営業なりの経験のある人とお付き合いしたいです。
発明が生み出されるまでの開発者の苦労を身をもって知っている人、事業戦略や知財戦略が、どのように開発計画や営業計画に影響を与えるかを経験した人、の方が、企業側の事情をくみとって融通の利く仕事をしてくれるように思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

思うところがあったので、コメントさせて頂きます。
企業知財の方のレベルが低いのも問題があると思います。
特に、事務所経験のない知財の方は、明細書作成力や評価力に欠けるところが多いと思います。全員がそうではないですが。

>通り人 様

コメントありがとうございます。
ご指摘はそのとおりかと思います。

担当者によりレベルにばらつきがあるのは、企業知財も特許事務所も同じかと思うのですが(経験年数の差だったり、もともとの能力の差だったり)、それに加えて企業知財部の場合は、「知財の仕事に興味も関心もないのに、たまたま知財部に配属されてしまった」人が一定割合でいることが、「レベルが低い」ように見える一因かなとも思います。

知財の仕事をしたい人が集まっている特許事務所と違い、向いてないことを自覚しつつ知財の仕事をしている人もいて、そのような知財部員は能力以前に意識が低いという傾向があります。

明細書評価や作成能力については、考えていることがたくさんあるので、そのうち記事にしたいのですが、「何をもって"良い"というのかの基準作りが困難な分野だと思っています。
プロフィール

izumi

Author:izumi
地方の企業知財部で働く新米弁理士です。
2017年に弁理士試験合格、2018年に弁理士登録。
弁理士試験のことや、知財ネタを書いていきたいと思います。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR