弁理士登録の準備

もうすぐ、実務修習の修了式です。(今年は3/15(木)東京、3/16(金)大阪と名古屋)
修了証書を受け取ったら、晴れて弁理士登録の申請ができるようになります。

すぐに弁理士登録したい場合、3月下旬に申請書類を提出したら、審査を経て、4月中旬ころには登録になるようです。
私はなるべく早く登録したいので、今のうちに必要な書類を用意しています。

以下に、申請に必要な書類やお金などをまとめておきます。
(変更があるかもしれないので、最新情報は、弁理士会のホームページでご確認ください。)

弁理士登録申請について
https://www.jpaa.or.jp/application/


-----------
◆役所から取り寄せる書類

・住民票 1通
・身分証明書 1通 

市役所(や区役所等)の窓口に、基本的には、平日昼間に取りに行きます。
土日に空いている窓口があったり、郵送で取り寄せ可能だったりする場合もあります。
詳細はお住まいの市区町村のホームページで確認を。

・登記されていないことの証明書 1通  
法務局に直接取りに行くか、郵送で取り寄せます。法務局のホームページで申請書を入手できます。
申請書に300円の収入印紙を貼る必要があります。

参考: 登記されていないことの証明書の説明及び請求方法
http://houmukyoku.moj.go.jp/tokyo/static/i_no_02.html


◆勤務先に発行してもらう書類

・勤務証明書 1通
弁理士会のホームページにフォーマットがあります。
特許事務所の所長や、企業勤務の場合は社長や人事部長などに記入をお願いする必要があります。


◆自分で用意する書類


・弁理士登録申請書
・誓約書
・履歴書

いずれも、弁理士会のホームページにフォーマットがあります。
フォーマット改訂されることもあるようなので、提出前には念のため最新版かどうか確認した方がいいかもしれませんが、基本的には事前に用意しておいても問題ないと思います。
履歴書に貼る写真(4.5 x 3.5 cm)も用意します。

・弁理士試験の合格証書または合格証明書のコピー 1通
・実務修習の修了証書のコピー 1通

これらの書類って、なぜ申請者が用意しないといけないのか、本当に不思議です。
証書番号だけ記載して、あとは事務局側で照会してくれればいいのに・・・。

弁理士試験の合格者でない場合には、用意する書類が違うのでご注意を。


◆お金に関する手続き

・登録免許税(60,000円)の振込
麹町税務署に振り込みます。実務修習の修了時に、振込用紙が配布されるようです。
領収証書の原本を、弁理士登録申請書申請書に添付して、申請時に提出する必要があります。

・登録料(35,800円) + 登録月の会費 (15,000円) = 50,800円の支払い
指定の口座に振り込みます。振込の控えを、申請時に提出する必要があります。

-----------


以上ですが、お金の振込と、実務修習の修了証書コピー以外は、事前に用意できそうです。
特に役所や勤務先に依頼することは、さっさと済ませておきたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

izumi

Author:izumi
地方の企業知財部で働く新米弁理士です。
2017年に弁理士試験合格、2018年に弁理士登録。
弁理士試験のことや、知財ネタを書いていきたいと思います。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR