弁理士登録のその後

4月第1週に弁理士登録されてからおよそ2週間。

弁理士バッジと弁理士登録証が届きました。

弁理士バッジ

企業の知財部勤務だと、このバッジを使う機会はあまりなさそうです。
いわゆる「クライアント」はいませんし、特許庁や裁判所を訪れることもほとんどないでしょう。
適当な場所にしまいこんでなくしてしまわないよう、気をつけなくてはいけません・・・

また、弁理士ナビでの検索結果にも名前が表示されるようになりました。
登録後、毎日のように弁理士ナビをチェックしていましたが(笑)、ようやくです。
旧姓使用の申請もちゃんと反映されており、旧姓での検索でヒットします。


弁理士試験に合格してからも、弁理士登録してからも、とくに仕事に変化はなく心境にも変化はありませんでしたが、弁理士バッジや弁理士ナビを見ると、「自分は弁理士なんだなぁ」としみじみ思いました。

実生活上は、弁理士登録してからの一番の変化は、弁理士会からさまざまな研修やイベントの案内メールが届くようになったことです。
有資格者として、これからも勉強の日々です。

弁理士会から案内されるイベントやセミナーは、魅力的な内容が目白押しで、参加したいものがたくさんあります。
しかし、会場がほとんど東京で、平日の夕方に開催されるものも多く、地方からの参加は難しいなと思います。
eラーニングとして配信されるものもあるようなので、そちらを活用することになりそうです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

izumi

Author:izumi
地方の企業知財部で働く新米弁理士です。
2017年に弁理士試験合格、2018年に弁理士登録。
弁理士試験のことや、知財ネタを書いていきたいと思います。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR