FC2ブログ

知財英語と知的財産翻訳検定 - 3級に初挑戦②

本日、第26回 知的財産翻訳検定 3級を受験しました。

3級を受験してみての感想などを書いてみます。


3級の問題は、記述式問題 1問と、選択式問題 (3択) 40問 で構成されています。


・記述式問題
記述式問題は、明細書の一節を訳せ、という内容です。
受験回によって、和文英訳のときと、英文和訳のときがあります。
春が和文英訳、秋が英文和訳です。

今回は和文英訳でしたが、翻訳経験のない人は英文和訳の方がとっつきやすいと思うので、秋に受験した方がよいかもしれません。
ただし、自宅でeメール受験という性質上、辞書を使ったり、翻訳サイト(google翻訳など)を使用して機械翻訳しても構いませんので、和文英訳でもさほど身構える必要はありません。

さて、以下、今回私が受験してみてのレポートです。

出題内容の原文(日本語)は、1文が長く、そのまま機械翻訳しても係り受けがわかりづらい英文になることが予想されました。
たぶん、出題者が意図的にそうしているのでしょう。何せ翻訳検定ですから、原文の意味をくみ取ってわかりやすい英語に直せるか、を問うているものと思われます。

そこで、まずは原文の日本語を複数の短文に切り、単純な日本語に書き直しました。
それを機械翻訳にかけ、出力された英文を、さらに原文の日本語とマッチするように整えます。
最後に、自分で微修正した文章が文法的に間違っていないかを、普段使用している文法チェックツールで確認しました。
これで、だいたい20分くらいかかりました。

たぶん、普段から翻訳を行っている翻訳者の方は、「そんな面倒な作業するより、機械翻訳に頼らず自分で訳した方が楽」と思います。
3級は初心者向けということもあり、内容も専門的ではなく理解しやすい文章でしたから。
でも、翻訳者でない私でも、g....翻訳に頼ってできました、ということです。


・選択式問題
選択式問題は、「英文和訳:正しい訳文を選べ」「英文和訳:間違っている訳文を選べ」「和文英訳:正しい訳文を選べ」「和文英訳:間違っている訳文を選べ」の4種類が、それぞれ10問ずつです。
3択式なので簡単かと思いきや、意外と迷ってしまいます。

私は、迷ったときは、選択肢の文章3つを見比べて、明らかに他の選択肢とは違う内容のものを選ぶことにしています。
特に、「間違っているものを選べ」問題については、3択のうち1つが誤訳で残りの2つが正しい訳ということなので、正しい訳の2つは似たような内容のはずだからです。

また、出題内容によっては、常識的に考えて答えが出せるものもあります。
出題内容は、明細書の一節であったり、法律や制度についての説明文であったり、Office Actionの一節だったりします。
このうち、制度説明については、実際の制度と照らし合わせれば答えがわかることがあります。

たとえば、「機械について記述した文章の著作者は、第三者によるその機械の製造を差し止められる。」という選択肢があれば、それはきっと誤訳だろうなと予想できます。著作権にはそんな効力ありませんから(笑)

・・・と、私はそうした解き方をしたので、翻訳検定にもかかわらず、翻訳スキルが試されている感じはあまりしませんでした。
横着な解き方ではありますが、40問をだいたい40分で解き終わりました。


・全体的な感想
3級を受験してみての感想ですが、初心者レベルということで、内容はわりと簡単でした。
試験時間2時間、というのも、十分な時間が確保されていると思います。

出題内容は、知財翻訳に必要な内容を広くカバーされていて、知財翻訳の初心者や、翻訳経験はないけれど知財業界で知財英語に触れる必要がある人が、まずは力試しに受けてみるにはよいと思いました。

というか、3級に合格しなければ、知財業界で英語を使った仕事をするにはかなり力不足といえそうです。

その意味で、特許事務所や企業知財部の人は、全員3級合格レベルの知財英語力は必須かと思いました。
たとえば、「海外案件を取り扱う最低条件」として、知財翻訳検定3級を設定するのはありかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

izumi

Author:izumi
地方の企業知財部で働く新米弁理士です。
2017年に弁理士試験合格、2018年に弁理士登録。
弁理士試験のことや、知財ネタを書いていきたいと思います。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR