[弁理士の日記念ブログ企画2018] 知財業界のライバル

弁理士と弁理士試験のブログ-弁理士試験の勉強法-」を運営されているドクガクさんの企画で、本日はいただいたテーマで記事を書くことにします。

テーマは「知財業界のライバル」。

特許事務所を経営していると、同業者がライバルになるのでしょうか。

私は企業弁理士なので、そういった競争は特にありません。

競合他社の知財部がライバルか、というと、それもちょっと違う気がしますし。
(知財でバチバチ火花を散らしている業界では、競合他社がライバルになるのでしょうけどね。)


私が一番ライバル視しているのは、自社が出願業務を依頼している特許事務所さんでしょうか。


たとえば出願を依頼するときには、私が作った発明資料を見て「すごくまとまっている!よくわかる!」と思ってもらいたいです。
こちらが出す情報の整理状態によって、特許事務所で作成していただく出願原稿の質も変わってくるので、やはり命を懸け・・・というのは大げさですが、一目置いてもらえるようにしっかり情報整理することを心がけています。

また、特許事務所で作成されたクレームを見て「おぉ、こうまとめたか、やるな!」と思うこともあり、そんなときは自分ももっと精進しなければ、と思います。

こうして、特許事務所と企業知財部とで切磋琢磨しながら、よりよい内容で出願できれば最高だと思います。


思えば、弁理士になる前は、特許事務所が作成した出願原稿に納得いかなくても、「弁理士の先生がこれでいいというなら」と受け入れていました。(限度はありますが。)

今は、私も弁理士で対等な立場であるという自信と、自社の出願内容には弁理士として責任を持たねばという責任感とで、少しでも違和感があればどんどん質問し、議論して、特許事務所の弁理士さんとよい関係が築けている気がします。

# 先方から見ると「このクライアントめんどくさいな~」かもしれませんが(苦笑)

というわけで、企業弁理士の私から見たライバルは、「特許事務所の弁理士さん」ということでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

izumi

Author:izumi
地方の企業知財部で働く新米弁理士です。
2017年に弁理士試験合格、2018年に弁理士登録。
弁理士試験のことや、知財ネタを書いていきたいと思います。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR