第26回知財翻訳検定 合格発表

6/29に、4月に受験した知財翻訳検定の合格発表がありました。
http://www.nipta.org/

結果としては、3級合格です。
受験した時に手ごたえがあったので、まあ、うん。という感じでした。

秋には2級を受験してみようかな、と思います。

それにしても、1級~3級まで合わせて、受験者数95名。
うち、答案提出者が90名。

この試験、今後も続くんでしょうか。心配になってしまいます。

試験内容はなかなかすぐれていると思うんですけどね。
「知財翻訳」っていう試験名称が、対象者を限定しすぎなんでしょうね・・・

3級は翻訳者に限らず、外国出願を扱う人すべてが知っておくべき内容と思いますので、内外/外内案件を扱う特許事務所や、企業知財部の人も、ぜひ受験を検討してみてはどうでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

izumi

Author:izumi
地方の企業知財部で働く新米弁理士です。
2017年に弁理士試験合格、2018年に弁理士登録。
弁理士試験のことや、知財ネタを書いていきたいと思います。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR