青本の入手方法、使用方法

「工業所有権法 逐条解説」(通称「青本」)は、弁理士試験の勉強には必須という位置づけになっています。

はたして、皆さんどのように入手し、活用されているのでしょうか。


青本を入手するには、製本版を買う方法と、特許庁のホームページからPDFをダウンロードする方法があります。

青本は2,000ページを超えるボリュームなので、製本版は重くて高い(8000円超)です。
PDFだと無料だし、データ容量が大きいとはいえ、今どきのネットワーク事情ならダウンロードに特段の困難はないでしょう。

ということで、PDFで入手するのが楽です。


しかし、使い勝手の面では、正直PDFはイマイチです。

情報検索もしづらいし、縦書きレイアウトは多くのPDFビューワーソフトと相性が悪いです。
左から右へ、あるいは上から下へとページを進めるビューワーが多く、右から左へ読む縦書きPDFは読みづらいです。

また、PDFだと書き込みもしにくいです。

私はダウンロードしたPDFをiPadに入れて使うつもりでしたが、上記のもろもろの理由で断念しました。


一般的には、製本版を購入し、裁断して法域ごとに分割して持ち運ぶのが推奨されているようです。
たぶん、これが一番使い勝手がよいと思います。


私はというと、製本版を買うお金をケチって、PDFをプリントアウトして使いました。

前書きや目次などを除いた本文ページのみを、A4用紙1枚に4ページ割り付けて、両面印刷で印刷します。
割り付け印刷にしても200枚以上になるので、職場のプリンターを占拠するのが気が引けて、何日かに分けて作業しました。

2017年3月に20版がリリースされた直後から、「数10枚印刷して読む」→「読み終わったら次の数10枚」を繰り返して、2か月くらいかけて全ページ制覇しました。


# ちなみに、青本は通しで読む必要は別にありません。
 私は、2017年は口述のみ受験予定だったので、春には時間に余裕があり、一応全ページに目を通しました。



PDFから印刷するのは、青本を買うお金は節約できますが、印刷したりファイリングしたりと結構時間がかかりました。
時間を節約したい人は、さっさと製本版を買ってしまった方がいいかも、とも思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

izumi

Author:izumi
地方の企業知財部で働く新米弁理士です。
2017年に弁理士試験合格、2018年に弁理士登録。
弁理士試験のことや、知財ネタを書いていきたいと思います。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR