FC2ブログ

弁理士試験の合格までにかかるお金 (6) その他

弁理士試験の合格までにかかるお金(1)~(5)では、基本的な費用を紹介してきました。
今回は、そのほかに、地味にお金がかかることを紹介します。


大きいものとしては、予備校以外での勉強にかかる費用。

代表的なのは、弁理士会の会派や特許事務所が行う口述練習会でしょうか。
予備校よりも安価で開催されるので、参加される人が多いと思います。

私は口述練習会に5回参加しました。
参加費は、東京だと、1回あたり2000~3000円くらい。
名古屋は無料でした。

参加費はリーズナブルですが、口述練習会に行くための交通費や、2日連続で開催されるものに泊りがけで参加したりもしたので宿泊費も掛かり、トータル6万円くらいかかりました。
口述練習会は、9月末~10月上旬に集中しているので、この時期は飛ぶようにお金が出ていきました。


予備校以外の勉強としては、ほかに、自主ゼミなどもありますね。
私は参加しなかったので、費用面についてはよく知りません。


ここからは、こまごました費用。


まず、切手代。
願書を提出したり、答練を提出したり。
1回あたりは数10円~数100円なので、あんまり「お金がかかっている」という認識はないと思いますが、塵も積もれば、です。


それから、文房具代。
マーカーや、論文用のボールペン、ノート、ポストイット、プリント類を綴じるファイルなど。
これも、一つ一つは少額ですが、消耗品なのでなくなるたびに買い足しが必要でした。
数千円はかかったかと思います。

便利だった文房具については、そのうち別の記事でまとめたいです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

izumi

Author:izumi
地方の企業知財部で働く新米弁理士です。
2017年に弁理士試験合格、2018年に弁理士登録。
弁理士試験のことや、知財ネタを書いていきたいと思います。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR